証券会社レーティングまとめ

東海東京証券レーティング最上位銘柄、株式相場の見通し

投稿日:

東海東京証券、レーティング最上位12銘柄

東海東京証券による相場見通しでは、G20財務相・中央銀行総裁会議や英国のEU離脱の通知(月末まで)などを控え、投資手控えムードが続くと指摘。需給面では、日銀のETF買い入れなどが下値支え要因に、期末に向けた決算対策売りなどが上値の重石になるとみて、新規資金の流入が期待される4月まではもみ合い相場が継続すると予想。同証券のレーティング最上位銘柄として、あいHD、キヤノン、豊田自動織機、デンソー、FCC、SUMCO、酉島製作所、コーセル、信越ポリマー、アサヒインテック、前田工繊、シップHDを紹介しています。

米国利上げでREIT相場が反転する可能性

野村證券がリリースしたJ-REITセクターのレポートでは、米FOMCで利上げが表明されたことを受け、米国のREIT相場は反転する可能性があると指摘。日銀の黒田総裁が、少なくとも現時点では米国金利や国内インフレ率のある程度の上昇を理由に金利の誘導目標を引上げる可能性を否定したため、国内金利も落ち着く可能性があるとの見方で、日米の金利を巡る一連のイベントは好結果と解説。今回の日米金融当局の一連のイベントは、セクターにプラスに作用するとの見解を示しています。




大手証券3社レーティング情報

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2269 明治HD 2 2 8,450 9,190
2607 不二製油G 2 2 2,060 2,440
2801 キッコーマン 2 2 3,140 3,510
野村 4507 塩野義製薬 Buy Buy 8,200 8,500
6645 オムロン Buy Buy 4,900 6,000
6861 キーエンス Buy Buy 44,000 53,000
大和 2220 亀田製菓 2 2 5,400 5,600
4202 ダイセル 2 2 1,420 1,550
4901 富士フイルム 3 3 4,250 4,700

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.