証券会社レーティングまとめ

株式5月見通し、決算発表シーズンGW明けで株価上昇は一旦終わり

投稿日:

11月9日安値から信用期日の買戻しは5月9日まで

5月の株式見通しについて大和証券からレポートが出ている。3月決算企業の業績開示・決算発表は5月15日まで続く、概ね決算発表期間中は株価が堅調だが、最近の決算シーズンに株価戻りを見せる時は2週間前後であり、今回もそろそろ株価の戻りがピークアウト時期を考えなければならないと見解を示している。

レポートでは11月安値の信用期日の影響が大きいと解説、米国大統領選挙の結果でトランプ候補者が当選確実となったときに、日経平均株価が1000円急落した11月9日安値の期日は5月9日で、そこまでは買い戻しが期待できると解説している。特に信用期日が3か分集中している5月2日までは特に需給が良いという。

ストラテジストレポートではゴールデンウィーク明けで株価上昇が一服する可能性があるとしているが、仮にゴールデンウィーク明けの株価が堅調に推移した場合、東証一部の騰落レシオが5月下旬に超過熱圏に入り、その場合は上昇余韻1か月程度続くパターンも想定。

参考アニメ関連銘柄・キャラクターコンテンツ関連の恩恵を受ける上場企業
参考セルインメイSell in Mayにならない、みずほ証券が株式見通しレポート
参考みずほプレミアムポートフォリオ守りから攻めに転換、新規3銘柄追加
参考SGホールディングス佐川急便上場を年内準備




大手証券3社レーティング情報

コード 銘柄 レーティング 目標株価
岩井コスモ証券 2292 エスフーズ 新規 4,000
4661 オリエンタルランド B B 6,400 6,500
6323 ローツェ A A 2,400 2,600
野村證券 6702 富士通 Neutral Buy 680 880
9508 九州電力 Neutral Buy 1,390 1,430
6080 M&Aキャピタルパートナー Buy Neutral 4,700 5,000
7267 ホンダ Reduce Reduce 3,290 3,000
6503 三菱電機 Buy Buy 2,000 1,900
2127 日本M&Aセンター Buy Buy 4,100 4,800
2503 キリンHD Buy Buy 2,450 2,600
2587 サントリーBF Buy Buy 5,800 5,900
4768 大塚商会 Buy Buy 6,900 7,100
6504 富士電機 Buy Buy 770 750
6724 セイコーエプソン Buy Buy 2,980 2,925
7259 アイシン精機 Buy Buy 6,200 6,300
7575 日本ライフライン Buy Buy 3,200 3,800
9719 SCSK Buy Buy 5,500 5,800
7752 リコー Neutral Neutral 1,022 869
8035 東京エレクトロン Neutral Neutral 12,098 13,797
4062 イビデン Neutral Neutral 1,640 2,000
大和証券 4751 サイバーエージェント 1 1 4,600 4,800
6745 ホーチキ 2 2 1,500 1,750
6945 富士通フロンテ 3 3
2659 サンエー 1 1 7,000 6,700
3003 ヒューリック 1 1
4307 野村総研 2 1 3,800 5,000
4661 オリエンタルランド 2 2
7205 日野自動車 3 3

-証券会社レーティングまとめ
-, , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.