証券会社レーティングまとめ

海外投資家売買動向、日本株1583億円売り越し3月上昇相場へ

投稿日:

日本株相場は地合いが弱いが3月に上昇へ

日経平均株価は続落、米国株式市場が史上最高値を更新するのに日本株は上昇力が弱い、大阪証券取引所が発表した海外投資家の手口は、2月6日~10日に海外投資家が2週連続で日経平均先物とTOPIX先物を38億円売り越していたことが判明した。それでも前週は1583億円の売り越しだったので、売り越し額が激減したので外国人投資家による売りはピークをつけたとみられる。大手証券投資戦略では「年度末特有の需給悪、3月には上放れ」とレポートをリリースした。

カルソニックカンセイTOBに関する特別配当落ちで急落、東芝200円割れで安値更新、ANAは経営に関する重要な課題が社長交代だけだったので不安後退で買い戻され、不動産、銀行、ソフトバンク、トヨタ、富士重工など自動車株が下落、直近IPO安江工務店が急上昇して、トレンドマイクロがポジティブサプライズ決算で急騰、数日前のいちよし証券レポートでアビストが値上がり、東芝日経平均除外になった場合の新規採用候補でセイコーエプソンが買われてたが利益確定売りで下落、買い需要は織り込み済みとの見方。

参考岩井コスモ証券アナリストレポート投資情報サービスを無料入手方法
参考ゴールドマンサックス証券レーティング、新規「コンビクションリスト
参考業績上方修正期待銘柄、割安株に前田建設(1824)をピックアップ
参考博多ラーメンの「一風堂」が新規上場




大手証券3社レーティング

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 9202 ANAHD 1 1 360
野村證券 4704 トレンドマイクロ Buy Buy 5,100 5,800
7988 ニフコ Buy Buy 6,300 6,600
3105 日清紡HD Neutral Neutral 980 1,120
5019 出光興産 Neutral Neutral 2,650 3,560
大和証券 1808 長谷工コーポ 1 1 1,700
3401 帝人 3 3 1,950 2,300
6367 ダイキン工業 2 2 12,000 13,000
6841 横河電機 3 3 1,500 1,900
8113 ユニ・チャーム 3 3 2,170 2,240
9984 ソフトバンクG 2 2 8,910 9,850
8253 クレディセゾン 2 2 2,200 2,480
8570 イオンFS 2 2 2,000 2,250
各種キャンペーン開催中!【MT4・ZERO】
FXシグナル配信をマネするだけ

-証券会社レーティングまとめ
-, , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.