証券会社レーティングまとめ

セリングクライマックス感は無く、相場格言に注意したいところ

投稿日:

東海東京証券ストラテジー

昨日の現物・先物ともにまとまった売りは出ておらず、先物手口はSBI証券の買いが目立つが、売り手口で大きく目立った処は無かった。真空地帯を戻す余地はあるものの自律反発の買いを狙うにも「買いやすい相場は安い」という相場格言に注意したいところ。同証券では大底を打った状況にあらず、まだセリングクライマックス感は無いと解説。




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4503 アステラス製薬 1 1 1,600 1,900
4666 パーク24 2 2 2,900 3,100
3101 東洋紡 2 2 2,100
4091 大陽日酸 1 1 1,940
野村證券 8267 イオン Neutral Neutral 1,700 2,200
3382 セブン&アイHD Buy Buy 5,300 5,500
大和証券 4208 宇部興産 3 3 3,200 3,230
4507 塩野義製薬 3 3
9787 イオンディライト 3 3 3,800 4,000

アナリストレポート無料で読める証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.