証券会社レーティングまとめ

MVNO携帯電話はNTTとソフトバンクがトップピック推奨

投稿日:

携帯電話キャリア2社に注目

野村がリリースした通信セクターのレポートでは、携帯市場ではMVNOの拡大が続いているものの、携帯キャリアのセカンドブランドも消費者の支持を受けるなど、競争環境に変化はないと指摘。割安料金を求める消費者への対応、セカンドブランドによるARPU低下、非通信・海外事業の成長力向上、事業モデルの展望性など課題の存在で株価はアンダーパフォームしているものの、こうした壁を破る兆しもでてきているため、通信キャリア各社へのレーティング「BUY」 を継続。個別では、NTT(9432)とソフトバンクグループ(9984)をトップピックで推奨しています。




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 6762 TDK 1 1 11,000 11,200
5938 LIXILG 2 2 3,000
6976 太陽誘電 1 1 2,100
東海東京 3697 SHIFT 新規 Neutral 新規 1,760
大和 3632 グリー 2 2 920 890
9787 イオンディライト 3 3 3,650 4,100
8217 オークワ 3 3 1,200 1,150

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.