証券会社レーティングまとめ

串カツ田中、ペッパーフード、グレイステクノロジー株価急落

投稿日:

新興市場銘柄に急落が目立つ

12月4日、前引けの日経平均株価は反落、44円65銭安の2万2774円38銭、TOPIXは1.60ポイント安の1794.93ポイントで終了。東証一部の出来高は6億5697万株、売買代金は1兆963億円、値上がり銘柄数1050、値下がり銘柄数889、変わらず101、北朝鮮がSLBM発射の兆候があることで豊和工業、石川製作所が値上がり。

米国「38ノース」が北朝鮮西岸の南浦港で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の新たな「はしけ船」が運用間近と分析結果を発表したと報じられ、再び北朝鮮リスクが高まり、地政学的リスク関連銘柄の豊和工業(6203)、石川製作所(6208)株価が上昇。

ジーンズメイト(7448)はガイアの夜明けで放映されることが材料視されて大幅続伸、アーク(7873)はTOB(株式公開買付)と今後の業績成長期待から株価急伸、クミアイ化学(4996)は業績上方修正を好感して値上がり7位になった。

業績上方修正と増配を発表した日本エスコン(8892)はストップ高買い気配で終了、伊藤園(2593)が想定以上の好業績で5%を超える値上がり、IPOトレードワークス(3997)は株価急落、幸和製作所(7807)ともジャスダック市場の下落率上位になった。

東証マザーズ市場では、串カツ田中(3547)、グレイステクノロジー(6541)、ユナイテッド&コレクティブ(3557)、WASHハウス(6537)、力の源ホールディングス(3561)など直近値上がりした銘柄に売りが出た様子。東証一部でもペッパーフードサービス(3053)、アカツキ(3932)、ネクソン(3659)など個人投資家に人気銘柄が売られている印象。

串カツ田中

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

参考一目均衡表テクニカル分析「売りシグナル・買いシグナル」

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 1942 関電工 2 1 1,400 1,350
6995 東海理化電機 2 2 2,200 2,400
岩井コスモ 4464 ソフト99 新規A 2,000
4977 新田ゼラチン 新規B+ 850
7618 PCデポ B+ 700 1,020
4369 トリケミカル 4,190 5,140
大和証券 2317 システナ 2 2 2,660 4,300




-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.