証券会社レーティングまとめ

日立工機TOB、KKR傘下のファンドが1株1450円で株式公開買付け

投稿日:

日立工機TOB、任天堂スイッチ発表で株価下落

トランプ相場は第2幕に入った、ドル下落がどこで落ち着くか為替予想が日経平均株価予想に大きく関係してくる相場見通し。個別では日立工機(6581)がTOBされると発表された。米投資ファンドKKR(Kohlberg Kravis Roberts)傘下のHKホールディングス(東京千代田区)が日立工機を1株1450円で株式公開買付けすると正式に発表した。1月13日の終値は1508円なので若干のディスカウントがされている。

イー・ガーディアン(6050)が上昇率7.7%と大幅高、AI関連銘柄として物色された、任天堂(7974)が新型ゲーム機「任天堂スイッチ(Nintendo Switch)」を3月3日に価格29800円で発売開始することを発表したが、市場からは価格が高すぎるのではないか?と新製品発表が材料出尽くしの売りタイミングとなった。任天堂株価は1450円安(5.75%下落)の23750円で取引を終えている。一方で、CRI・ミドルウェア(3698)は「ニンテンドースイッチ関連銘柄」として物色され急上昇となっている。

参考5%ルール大量保有報告書 アンジェスMG(4563)-クレディ・スイス証券(大量取得)
参考UMNファーマ、レーティングカバレッジ削除、ヘリオス、タカラバイオ
参考電子タバコ関連銘柄が大幅高。トランザクションに関心が集まる

米中もし戦わば

新品価格
¥2,095から
(2017/1/13 15:41時点)

チャイナ・ウォーズ 中国は世界に復讐する

中古価格
¥5,060から
(2017/1/13 15:41時点)

次期アメリカ大統領ドナルド・トランプが国家通商会議代表として指名した、ピーター・ナヴァロ著書。彼は対中強硬派として知られ今後のトランプ政権が対中国へどのような対応をするかヒントになりそう。ものすごく注目されている本は「「米中もし戦わば 戦争の地政学」(著)ピーター・ナヴァロ
は是非とも読んでおきたい1冊です。中国空母「遼寧(りょうねい)」が台湾をぐるっと一周して軍事力を見せつけるデモンストレーションを行いましたが、ひょっとしたら「中国 vs 台湾」が戦争のきっかけになるかもしれない。その時、尖閣諸島はどうする?中国軍が宮古島海域を航路にされて中国と台湾が紛争?アメリカはどう動くか?地理的にフィリピン・スービック基地、日本・沖縄基地・横須賀基地は重要な防衛拠点になる。

参考トランプTwitterトヨタ影響「米国工場建設か多額の関税を払わせる」
参考IPO情報シャノンは2017年最初の新規株式公開で初値パフォーマンス
参考トランプトレード継続、上昇率の大きい30銘柄リスト




 

大手証券レーティング投資判断一覧表

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3298 インベスコオフィスJリート 新規 1 125,000
3466 ラサールロジスティクス 1 2 140,000 124,000
8975 いちごオフィスリート 1 2 100,000 85,000
3048 ビックカメラ 1 1 1,200 1,300
野村 4585 UMNファーマ Neutral 保留 1,250 保留
9983 ファーストリテイリング Buy Buy 41,000 44,500
大和 9787 イオンディライト 3 3 3,500 3,600
3349 コスモス薬品 3 3 20,000 22,500
7581 サイゼリヤ 2 2 3,300 3,600
8273 イズミ 1 1 6,800 7,200
広告1 広告2

-証券会社レーティングまとめ
-, , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.