証券会社レーティングまとめ

日本株見通し9月は米国FOMC、ECB理事会、ポジション調整売り

投稿日:

日本株はポジション整理の売りが避けられない

株見通しでは、9月7日のECB理事会で来年以降の政策変更について議論が注目されそうなことや、9月19日~20日の米FOMCで緩和縮小が決定しそうなことはプラス材料と指摘。米債務上限問題が懸念されるものの、ハリケーン「ハービー」の被害が甚大なため、与野党が前向きに取り組む可能性があるとみて、国内では、ポジション整理の売りから8月までに大きく上昇した銘柄の調整は避けられないと解説。経済環境に変化が見られないため、調整した銘柄の押し目買いに妙味があるとの見解を示しています。

アナリストレポート無料で読める証券会社
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

参考ウォンテッドリーIPOビジネスSNS「Wantedly」マザーズ上場
参考ピジョン業績上方修正、営業利益170億円から187億円へ増額修正
参考阿波製紙ストップ高、EMP(電磁パルス)攻撃関連銘柄として注目




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 1721 コムシスHD 3 3 2,050 2,150
1925 大和ハウス 1 1 4,300 4,400
1951 協和エクシオ 2 2 1,900 2,050
5332 TOTO 3 3 4,100 4,000
5929 三和HD 1 1 1,300 1,350
7912 大日本印刷 2 2 1,100 1,200
7911 凸版印刷 1 1 1,500 1,500
野村證券 6268 ナブテスコ Neutral Neutral 3,150 3,700
大和証券 1721 コムシスHD 3 2 2,170 2,800
6301 コマツ 3 2 2,700 4,000
8279 ヤオコー 3 2 4,600 5,900
6750 エレコム 2 3 2,400
2914 JT 2 2
7181 かんぽ生命 2 2
8015 豊田通商 3 3 3,100 3,350
8729 ソニーFH 3 3
8750 第一生命 2 2
8795 T&DHD 2 2
8020 兼松 2 2 250 270
7956 ピジョン 2 2 4,310 4,530

-証券会社レーティングまとめ
-,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.