証券会社レーティングまとめ

日欧EPA関連銘柄は自動車部品、食品、外食、自転車部品

投稿日:

日欧EPA合意で恩恵を受ける日本株は日本ハム、プリマハムなど

先週末のドイツ開催G20、日本と欧州の経済連携協定(日欧EPA)が大筋合意はニュースで大きく採りあげられ報道された。欧州からの輸入品目ではチーズ、ワインの関税が下がり、日本からの輸出品目では自動車部品、日本酒、家電などにメリット。

日本とEUとの貿易額は思ったより大きくなく、輸出入とも日本の貿易総額の1割程度しかない。輸入ワイン1本に90円程値下がりするという程度では、大きなメリットと言えないが、株式投資の観点では自動車部品、自転車部品はポジティブ。

野村證券レポートでは、欧州販売構成比が大きく日本から輸出が多いマツダ(7261)、三菱自動車(7211)、食品では加工原料コスト低下メリット期待で日本ハム(2282)、伊藤ハム米久ホールディングス(2296)、プリマハム(2281)、外食産業ではサイゼリヤ(7581)、ひらまつ(2764)などが長期的に日欧EPAの恩恵を享受できる企業と紹介している。

参考個人投資家買付銘柄ランキング土木管理総合試験、インフォテリア
参考GPIFポートフォリオ東芝、シャープ、タカタ売却、日本郵政保有株増
参考一目均衡表「売りシグナル・買いシグナル」がわかるDVD




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2931 ユーグレナ 2 2 1,270 1,140
6508 明電舎 1 1 520 510
8359 八十二銀行 2 2 550 650
7751 キヤノン 2 2 4,000
野村證券 7182 ゆうちょ銀行 Neutral Neutral 1,620 1,660
大和証券 8306 三菱UFJFG 2 2
8308 りそなHD 3 3
8309 三井住友トラスト 3 3
8316 三井住友FG 2 2
8411 みずほFG 3 3
4694 BML 2 2 2,930 2,700
8276 平和堂 2 2

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.