証券会社レーティングまとめ

円安トレンド再開、実行円レートは52週移動平均線を下回って推移

投稿日:

円実効レート52週移動平均線が下落基調

実行円レート

米国FOMC利上げ見通しに若干トーンダウンしたとの見方から、ドル円レートは一気にドル高・円安となって動いている。7月11日には1ドル=114円台までドル高となり円安派の意見が多かったが、現在では1ドル=110円台まで円高に戻っており為替見通しは1ドル=108円台という意見も聞かれるようになった。

為替ディーリング業務の多い国際銀行では、かなり神経質に為替動向を見ている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券からリリースされたレポートによると、日銀の名目実行円レートに関して2011年10月高値(当時1ドル=75円)から長期的な円安トレンドが進行中と解説している。

2016年11月下旬以降の実行円レートは52週移動平均線を下回って推移しており、2017年5月から52週移動平均線が下落基調になっていることから、中期的な円安トレンド再開の可能性を強めているとレポートで報告している。

参考証券会社が注目する「高ROE銘柄10社リスト」
参考マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 6806 ヒロセ電機 3 3 12,800 15,000
4004 昭和電工 2 2 2,510
7911 凸版印刷 1 1 1,500
野村證券 6594 日本電産 Buy Buy 12,300 13,600
4004 昭和電工 Buy Buy 3,450 3,600
4507 塩野義製薬 Buy Buy 9,000 9,500
6479 ミネベアミツミ Neutral Neutral 1,630 1,900
8595 ジャフコ Neutral Neutral 4,380 5,000
大和証券 6507 シンフォニア 新規 3 540

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.