証券会社レーティングまとめ

2017年ドル円相場は1ドル120円突破予想、シカゴ先物筋の手口に注意

投稿日:

タカラバイオ、ペプチドリーム、そーせいに動きが




野村證券がタカラバイオ(4974)をレーティング「ニュートラル」から「BUY」に引き上げた、東証一部市場の値上がり率ランキング5位になっている。バイオ株はペプチドリーム(4587)がノバリティス社との共同研究開発で、マイルストーン達成がポジティブと岩井コスモ証券で株式取引すると読めるアナリストレポートがレーティング「A」、目標株価10000円としたことが市場関係者の話題になった。そーせいグループ(4565)もセクター活況で買われている。

大丸、松坂屋を傘下に持つJ.フロント(3086)と高島屋(8233)の株価下落が目立っている、浦和パルコ大丸を閉鎖や、三越伊勢丹HD(3099)が運営する千葉・三越デパートが2017年に閉鎖など、百貨店業界の売上減少が響いている。デフレから抜け切れず消費者の財布の紐が固い、J.フロントと高島屋の決算を見れば当然ながら三越伊勢丹HDの決算も自然と予測がつくはず。

東芝ショック売りが続いている、米国で買収したウェスティンハウスが手掛ける原子力発電所事業で大規模な損失が出るとの見通し。日本経済新聞がスクープしたが会社側は数千億円になる可能性を公表した。株価は2日連続大幅安となっており、直近の値上がりで投資家の失望感や損失が出ることが気掛かり材料、値上がり率トップは日立工機(6581)で「米投資ファンドKKRが日立工機を1500億円規模で買収」と報じられ、8時20分から東証が日立工機株式を売買停止にした。

2017年のドル円相場は1ドル120円を突破予想

2017年の為替相場はドル高予想が大半を占める、ドル円レートは1ドル=120円を突破するとの見方が有力だが、目先はドル高が一服すると考えられる。11月から急激なドル高になったが1ドル=118円台で上値が一旦止まったと考えるべき。FX関係者からはシカゴ先物取引でドル買い/円売りポジションが積み上がってるが、米国金利が2.5%で上値の節目になっていると指摘。

米国10年国債の先物市場では既に20万枚以上の売り越しとなっている、過去の例では売り越しポジションが20万枚を超えると歯止めが掛かり、一旦は金利が下がる傾向が多かった。今回もドル円の上昇がもたついていることから同様になると推測、チャート・テクニカルからはスピード調整、日柄調整で1ドル=115円程度までの値幅調整を経てから1ドル=120円突破に向かうと予想されている。

参考チャートでわかる買シグナル・売りシグナル一目均衡表
参考地場証券が新規「強気」レーティング3銘柄を発表
参考トランプ関連銘柄、米国インフラ投資恩恵の日本株10社リスト
参考注目株・短期デイトレ・スイングトレードに必要な情報をメールで教えてくれるサービス

国内大手3証券のレーティング情報一覧表

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3086 Jフロント 2 2 1,400 1,630
4536 参天製薬 1 1 1,900 2,000
5332 TOTO 3 3 3,900 4,250
6923 スタンレー電気 2 2 2,800 3,200
7278 エクセディ 2 2 3,000 3,250
8801 三井不動産 2 2 3,500 3,250
8802 三菱地所 1 1 2,700 2,800
8830 住友不動産 1 1 5,000 4,500
8933 NTT都市開発 3 3 1,170 1,150
6502 東芝 1 1 570
野村證券 4775 総合メディカル Neutral Buy 3,750 5,600
4974 タカラバイオ Neutral Buy 1,630 1,740
5020 JXHD Neutral Buy 400 630
1979 大気社 Buy Buy 3,040 3,290
3401 帝人 Buy Buy 2,250 2,720
6098 リクルート Buy Buy 4,800 5,600
1961 三機工業 Neutral Neutral 905 995
6305 日立建機 Neutral Neutral 1,820 2,700
大和証券 3405 クラレ 3 3 1,440 1,830
9984 ソフトバンクG 2 2 7,940 8,910
1928 積水ハウス 2 2 2,100 2,300
6701 NEC 1 1 310 420
8217 オークワ 3 3 1,000 1,100
8227 しまむら 2 2
広告1 広告2

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.