証券会社レーティングまとめ

中国関連株よりも米国関連株を「買い」で狙いサマーラリー

投稿日:

懸念の本尊は中国景気だが日本株サマーラリーの可能性も

中国関連株vs米国関連株

SMBC日興証券による日本株見通しでは、外需業種のリターン悪化はここからの業績大幅悪化を織り込んだ水準で、「一部でも拾っておくべき」と指摘。外需を拾う場合、無難なのは米国関連銘柄として、中国株はバリュエーション低下が著しいことを踏まえると、状況次第ではリバウンドが最も大きくなる可能性もあると解説。

8月のターゲットリストは、ファンダメンタルズ対比でダウンサイドよりもアップサイドが大きい銘柄を選定。ヤクルト、ファンケル、三菱UFJフィナンシャル・グループ、リログループ、日本通運、NTTデータ、コナミホールディングスを新規採用しています。




アナリストレポート無料で読める証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 6592 マブチモーター 2 2 6,500 7,100
6999 KOA 1 1 3,400 3,600
7751 キヤノン 2 2 3,500
野村證券 4063 信越化学 Buy Buy 13,000 14,000
4684 オービック Buy Buy 10,300 10,700
4733 OBC Neutral Neutral 7,000 8,400
6857 アドバンテスト Buy Buy 2,841 2,956
6954 ファナック Neutral Reduce 25,000 19,100
9433 KDDI Buy Buy 3,400 3,710
大和証券 3593 ホギメディカル 3 3 4,570 3,900

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.