「証券会社レーティングまとめ」 一覧

東芝解体-東洋経済

東芝債務超過の回避目指す、2月14日決算発表で4000億円の赤字

東芝債務超過、原発関連6000億円損失が注目ポイント 東芝(6502)が2月14日に2016年4月~12月期の決算及び、2017年3月期の業績見通しを発表する、市場が注目するのは東芝債務超過を回避でき ...

東芝粉飾の原点

東芝上場廃止懸念で株価急落、14日決算発表を延期との観測情報流れ

東芝株価急落、上場廃止と決算発表延期が話題に 東芝株価が後場に急落した、日米首脳会談が通過するまで手掛けにくい地合いが続くところで弱さを見せた銘柄には売りが加速する。日経速報ニュース(午後12時16分 ...

マクロミル上場

マクロミル上場3月22日決定、過去IPOと比較、日本郵政、LINE、JR九州

IPO情報:マクロミル、発行想定価格2050円、時価総額800億円 マクロミル(3978)が再上場すると今朝の日本経済新聞で報じられたが、2月8日引け後に東京証券取引所がマクロミル上場承認を発表した。 ...

証券会社レーティング一覧

トヨタ決算発表は物足りないが再度業績上方修正の可能性を含んでいる

トヨタ決算は控え目で再度の上方修正を見込む 2月6日、円安で業績の回復がどれだけみられるか注目のトヨタ自動車が決算発表を行った。2017年3月期の連結純利益を前期比33%減の1兆5500億円から同26 ...

ドットフランク法廃止トランプ署名

ドットフランク法見直しポジティブ金融規制緩和、三菱UFJ「買い」

ドット・フランク法見直し、銀行規制緩和はポジティブ 2月3日、NYダウ2万ドル回復、ゴールドマンサックス、JPモルガンなどウォール街金融のトランプラリー銘柄が上昇をけん引役となった。きっかけはトランプ ...

証券会社レーティング一覧

トランプラリー銘柄に変化、任天堂は大和証券が目標株価35000円維持

トランプ大統領就任式を境に銘柄物色に変化 決算発表シーズンで短期的な値動きは目先筋の売買で反応、しかし機関投資家は数週間掛けて投資対象を十分に調べてファンド組み入れ銘柄の入れ替えを行ってくる。決算見通 ...

証券会社レーティング一覧

日経平均株価予想レンジを20450円、人材関連や情報サービスに注目

海運株の優先順位は日本郵船=商船三井>川崎汽船 日本株は、堅調な企業業績見通しが下支えになると指摘。来期・再来期のアナリストコンセンサスは引き続き上向いていることから、現株価水準を積極的な押し目買いポ ...

証券会社レーティング一覧

三菱自動車決算ポジティブ目標株価引き上げ、任天堂決算ネガティブ

三菱自動車、オリコがポジティブ決算、2017年の注目株 不正燃費問題で経営再建中の三菱自動車が1月31日に決算発表で赤字予想から一転して10億円の黒字転換となった。市場ではポジティブサプライズ決算発表 ...

証券会社レーティング一覧

トランプ政権ドル高予想継続、2月からロシアルーブル売り介入開始

トランプ政権=ドル安誘導は誤解 トランプ政権は米国内インフラ投資により景気刺激、米国金利上昇がドル高を誘導している。しかし保護貿易主義では過剰なドル高は米国貿易赤字を生み出す原因となるため、市場関係者 ...

証券会社レーティング一覧

外国人投資家が日本株大量買い越し、ドル建て日経平均170ドル突破

海外投資家が日本株買いを加速する前兆 1月27日、寄り付き前の外資系証券注文状況 1500万株買い越しと大幅な買い越しとなったことが伝わっている。外国人投資家の日本株買いに変化が出た証拠だ、野村證券で ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.