「証券会社レーティングまとめ」 一覧

メルケル首相求心力低下

為替ユーロの反応ドイツのメルケル首相連立交渉が決裂

ドイツ政治不安定からユーロ売り ドイツのメルケル首相が進めてきた連立交渉が決裂となった、9月のドイツ議会選挙は二大政党(キリスト教民主・社会同盟と社会民主党)が議席数を大幅減。政治が安定しているドイツ ...

北の達人

北の達人ストップ高、ヤーマン増額修正を好感して株価上昇

日経平均株価300円高、円安と米国株高を好感 11月21日前引けの日経平均株価は226円62銭高の2万2488円38銭、TOPIXは15.23ポイント高の1774.88ポイントで終了。東証一部の出来高 ...

ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックス2018年日本株見通し日経平均25200円

ゴールドマンサックス2018年の4大テーマ 【ゴールドマンサックス】 2018年の見通しでは、内需主導の経済成長、支援的な財政・金融政策環境、利益成長の持続、需給環境の改善を追い風に、日本株はさらに上 ...

IBMウォーレンバフェット

ウォーレン・バフェット氏がIBM株式を売却、業績低迷が長引き

ウォーレン・バフェット保有株、IBM投資は間違ってた 著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、投資先のIBM株式を売却して保有株比率が減少してたことが判明。米国株式市場では著名投資家の見切り売りがIBM ...

東海東京証券レーティング

SHIFTストップ高、東海東京証券レーティング格上げポジティブ

東海東京証券レーティング SHIFT(3697)が買い先行から始まり、午前9時15分に前日比293円高の2303円で寄り付き、その後9時42分に値幅制限の上限500円高の2510円まで買われてストップ ...

そーせいグループ

そーせいグループ新株発行を織り込み野村證券が目標株価引き下げ

そーせいグループ将来性の3つのパイプライン マザーズ市場の売買代金ランキングトップが中村超硬(6166)、2位そーせいグループ(4565)、3位フィル・カンパニー(3267)と並んでいる。上位3社とも ...

日本株見通し参考銘柄

東海東京証券による日本株見通し押し目買いチャンス銘柄

押し目買いチャンス銘柄、ソニー、東洋炭素、デンソー 東海東京証券による日本株見通しでは、調整未了感があることや決算発表一巡で手掛かり材料が乏しくなるため、目先は調整含みの展開を想定。それでも、日経平均 ...

日経平均23000円急騰後に急落

日経平均株価バブル後の半値戻し2万3000円台を回復

日経平均株価26年ぶり高値 11月9日の日経平均株価は前場に468円高の2万3382円まで上昇して、1992年1月以来の約26年ぶり株価水準まで上昇。しかし後場から激しい急落となり、14時30分に39 ...

日経平均株価2018年見通し

日本株見通し2018年末の日経平均株価22500円~25500円予想

日本株見通し日経平均株価・TOPIX上方修正 野村證券が日本株見通しレポートをアップデート、日経平均株価予想を引き上げた。同証券によると2017年末日経平均株価は2万2000円~2万4000円を想定、 ...

野村證券が任天堂目標株価53000円に引き上げレーティング「BUY」

任天堂上方修正、家庭用ゲーム業界をけん引 野村證券による任天堂業績予想を上方修正、任天堂スイッチの販売台数を引き上げ、足元の生産台数を月間200万台と試算。2019年3月期の販売台数を1900万台から ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.