Archives

銀行送金手数料を10分の1以下に携帯電話番号を使った24時間送金

投稿日:

MUFGコイン(デジタル通貨)サービス開始

MUFGコイン

銀行間の送金手数料、ATM利用料金が高く、1度のサービス利用で年間にもらえる金利以上を銀行に支払っていると、銀行への手数料の高さに批判の声が多い。全銀ネットが運営する全銀システムを経由せずに、新しい仮想口座を経由するシステムで現在の銀行間送金手数料を10分の1以下に下げられる可能性がみえてきた。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行は、ビットコイン(仮想通貨)で使用されるブロックチェーン技術を応用して、携帯電話番号を使って個人間の送金を24時間現在よりも安い手数料で実現できるように実証実験を開始する。

銀行間の送金手数料は3万円以上で1回400円以上の手数料が掛かる、仮想口座ブロックチェーン技術を使い携帯電話番号だけで送金可能になれば、全銀システムを経由せずに、送金手数料が数十円以下にできる可能性があるという。

参考フィンテック(Fin Tech)関連銘柄、IT活用した革新的金融サービス事業
参考一目均衡表テクニカル分析「売りシグナル・買いシグナル」




フィンテック関連銘柄2017大手証券注目5銘柄ブロックチェーン関連

-Archives
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.