「 月別アーカイブ:2018年04月 」 一覧

ファミリーマートTOB

ユニー・ファミリーマートTOB、1株1万1000円で株式公開買付

ユニーファミリーマート買収、伊藤忠が株式公開買付 コンビニ大手の一角、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式公開買付(TOB)すると大手商社の伊藤忠商事が発表した。買付金額はユニーファミマ(80 ...

海外投資家

日本株4月下旬から上昇拡大の公算、海外投資家の買い越し額

日経平均先物手口クレディ、野村に注目 多くの市場関係者が日本株、米国株の底打ちが確認できたという話が増えてきた。2018年大発会からロケットスタート上昇となった日本株が、2月~3月に大きく売り込まれ、 ...

ソフトバンクIPO

ソフトバンクIPOサウジアラビア太陽光発電などコングロマリット

通信会社ソフトバンクIPO計画 ソフトバンクグループ株価が2月~3月に下落した理由には、同社が通信会社のソフトバンクIPOを目指すほか、サウジアラビア太陽光発電など投資分野が広がっている事でコングロマ ...

TATERU投資評価

TATERU bnb 民泊新法施行が6月予定、業績への追い風となる公算

TATERU(1435)投資評価レーティング 旧商号インベスターズクラウド、現在はサービスブランド「TATERU」が高い評価を得ている。SMBC日興証券はTATERU(1435)株価投資評価を「1」継 ...

コンビニエンスストア業界

コンビニ業界は人手不足、客数減少、物流コスト上昇が課題

セブンイレブン運営のセブン&アイHD「買い」継続 みずほ証券投資情報コンビニセクターのレポートでは、3月は好天に恵まれたこともあり各社とも基調は改善したものの、客数減少、人手不足、物流コスト上昇など、 ...

CyberAgent

サイバーエージェント株価下落余地18.3%、ネクソン25.2%

安川電機決算は増益と自社株買いが安心材料 SMBC日興証券がサイバーエージェント投資判断「2」継続ながらも、目標株価を3600円から4300円へ引き上げたが、目標株価までの下落余地は18.3%あると解 ...

ローソン

小売決算ポジティブ良品計画、ユニーファミマ、ローソンはネガティブ

良品計画とユニーファミマ決算ポジティブ ローソン(2651) 2018年2月期の営業利益は前期比10.8%減益の658億円、会社計画は685億円だったが、これを下回る内容でネガティブ。株価は前引けで3 ...

コンヴァノ初値予想

コンヴァノIPO初値予想レポート、公開価格の2.3倍2150円

コンヴァノ新規上場 4月11日、東証マザーズ市場にコンヴァノ(6574)が新規上場した。IPO活況の流れから買い注文が殺到して朝方から買い気配、公開価格930円に対して午前9時45分時点で1118円の ...

コインチェック買収マネックス目標株価

コインチェック買収後のマネックス目標株価490円アナリストレポート

コインチェック買収後のマネックス目標株価490円 マネックスグループ(8698)がマネックス証券で培った長年のノウハウを生かして、仮想通貨取引業のコインチェックを買収してシナジー効果が得られると大勝負 ...

そーせいグループ

野村證券レポート、そーせいグループ目標株価を11000円へ引き下げ

そーせいグループ開発費用増加へ 野村證券がそーせいグループ(4565)調査レポートをリリース。アナリスト取材でポジティブな新情報もあったが、そーせいが自社開発重視の方針を打ち出したことで新薬開発費用の ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.